☆SWEETロングスタイル

*松山市の美容室(パーマ・カラー・カット)なら*デプレR*


 

 

 いつも かわいい ♡ Yちゃん*

 

 

 

 本日は「 カラー+カット」での ご来店☆

 

 

 写真撮影も ありがとうございマス☆

 

 

 担当スタイリストは~  成川ディレクター*

 

 

 

 =今日は (サロンカラー)と (ホームカラー)の違いについて=

 

 簡単に ご説明すると・・・

 

 カラー剤は 1剤(アルカリ剤)と2剤(酸化剤)から成り立っています。

 

 1剤のアルカリ剤は毛髪を膨潤させてキューティクルを開かせ 色(染料)を浸透させて

 

 髪のメラニン色素を分解・脱色します

 

 2剤の酸化剤は 酸化染料を重合発色させてくれます

 

 

 サロンで使われるアルカリ剤はアンモニアで作られており 独特のにおいがありますが

 髪に残留しにくいという特徴があります

 

 ホームカラーで使われるアルカリ剤は モノエタノールアミンで作られているため

 アンモニアに比べて 髪に残留しやすいです

 

 この違いは とても重要です*

 

 なぜ 髪にアルカリ剤が残ると よくないのか?

 

 髪は皮膚と同じ弱酸性。アルカリが残っていると

 髪の毛がアルカリ性に傾き 髪の内部の 大事な間充物質が流出し 

 開いたままのキューティクルがはがれ 退色・パサつき・枝毛・キレ毛が 起こります*

 

 一度 ボロボロになってしまった髪は 2度と再生する事はありません

 

 もちろん髪に弾力がなくなり ゴムが伸びきったような状態に

 なってしまうので修復不可能になってしまいます(-_-メ

 

 ホームカラーは 絶対に危険ですので おすすめしません((>д<))